現在、SKALEは世界で最も分散化されたプルーフ・オブ・ステーク・ネットワークの1つです。この記事を執筆している時点で、SKALEネットワークには、46の認証機関によって運営されている150以上のノードに1ドル以上の価値がステークされています。詳細についてはこちら:https://www.stakingrewards.com/earn/skale

これは、SKALEにとっても、DApp開発者にとっても、驚くべきバリュー・プロポジションです。セキュリティや共謀罪への耐性は、優れた暗号技術だけでなく、善良な行為者であることに強いインセンティブを持つ、優秀なノードオペレーターの分散化によってもたらされます。

SKALEコミュニティは、ネットワークの現状を誇りに思い、さらに分散化を進めています。この取り組みの一環として、追加でロックされた1億SKLトークンが財団のトレジャリープールから割り当てられ、小規模なバリデーター事業者へのステーキングに限定して使用されます。SKL ERC-777トークンの特徴は、ロックされた状態でステーキングを行うことができ、その場合、流通している供給量や時価総額に影響を与えないということです。このアクションは、スマートコントラクトと、バリデーター、デリゲーター/ステーカー、独立系エンジニア、コアチーム・エンジニアリング、財団が保有する分散型マルチシグ・ウォレットを介して、週末に開始される予定です。

これらのトークンは財団トレジャリーに計上されています。これについては、昨年11月の以下のブログ記事を含め、多くの記事で詳しく紹介されており、7年間の権利確定期間中にある5億5000万 SKLの追加トレジャリー・トークンの一部として計上されています。詳細についてはこちら:https://skale.network/blog/foundation-treasury-ecosystem-fund-and-protocol-development-fund-update/

これらのトークンは6年間ロックされ、流通供給に影響を与えることはありません。また、次のブログで説明した供給量のロック解除スケジュールについても影響はありません:https://supply.skale.network/supply/index.html
ロックスケジュールは、Ethereumメインネット上のスマートコントラクトによって実行され、今後6年間における流通供給量への影響はゼロとなります。また、最大供給量は永続的に固定されているため、影響はありません。

強力な分散型ネットワークには、あらゆる規模と地域のバリデーターが存在します。このプログラムを通じて、新たにネットワークに参加するバリデーターを発表できることを嬉しく思います。これにより、NFT、DeFi、Web3上で構築する開発者にとって、より魅力的なバリュー・プロポジションが可能になります。

引き続き、今後のアップデートにご期待ください。