Ethereumネットワーク内のガス手数料は、長年にわたって大きな問題となっていました。これはユーザにとって一般的な問題であり、多くのDappsやプロトコルにとって悩みの種となっています。 ETH2ではこのような状況が緩和されることに期待されていますが、オンラインにはしばらく時間がかかります。それでも、ETH2のキャパシティ増加は線形成長のために設計されたものであり、指数関数的な成長のために設計されたものではありません。

これに対処するために、SKALEネットワークのような実行レイヤーは、トランザクション・スループットの向上、トランザクション・ファイナリティの高速化、オペレーションコストの削減をDappsにもたらします。これらはすべて消費者と開発者の両方にとって重要な関心事です。SKALEネットワークは、1秒以下のファイナリティと毎秒最大2,000トランザクションを提供するプルーフ・オブ・ステークのコンセンサスモデルを特徴とするさまざまなサイズのDapps固有のチェーンを提供します。

チェーンを運営するためのリソースは、開発者、プロトコル、コンソーシアム、またはチェーンの運営を希望するその他のエンティティによって提供されるサブスクリプション料金によってサポートされます。これらの料金は、ネットワークをサポートするバリデーターやデリゲーターへの支払いに毎月使用されます。このサブスクリプション・モデルでは、特定サイズのサポート可能なチェーンのトランザクション数に対して、均一のコストを提供します。 活動が活発になると、必要に応じて 「レンタル」 チェーンのサイズまたは数を増やすことができます。

SKALEチェーンのオペレーションノードは、Dockerコンテナ内で動作し、CPUやメモリの使用量、ディスクサイズを割り当てることで、ノードのリソースを適切に分配します。これらのノードはサブノードに仮想化され、小規模、中規模、大規模のチェーン間でリソースをより適切に分配することができます。このようなリソースの割り当ては、これらのパラメーター内のすべてのオペレーションに追加コストが発生しないことを意味します。つまり、SKALEチェーン内で実行されるトランザクションの場合、ガス手数料は実質的にゼロとなります。

このリソース割り当てモデルには2つの利点があります。1つは、サービス拒否(DOS)攻撃を制限または防止することです。もう1つは、チェーンのサイズを大きくする必要がある可能性をユーザーに示すことです。これは、AWS上のサーバーのサイズを別のサイズに移動するなど、クラウドサービスのレベルを上げることに似ています。

このゼロからほぼゼロのガス手数料体系は、分散型アプリケーションを構築し運用する開発者にとって非常に重要です。消費者がEthereumを採用し、収益性の高いソリューションを構築する最大の阻害要因は、法外なトランザクション手数料です。このようなコストを排除することで、市場参入が容易になり、採用率が向上し、分散型ソリューションの成功につながります。SKALEは、開発者を支援し、分散型アプリケーションの導入を促進するために、各アプリケーションに特化したチェーンを提供しています。


参照先:https://skale.network/blog/skale-network-zero-to-near-zero-gas-fees/