SKALEの目標は、Ethereumのパワーを何十億人ものユーザーに届けることです。SKALEチェーンの機能は以前から利用可能でしたが、EthereumとSKALE間のブリッジ機能であるInterchain Messaging(IMA)を実行するためには、アップグレードが必要でした。IMAは、SKALEチェーンとEthereumのメインネットを行き来できるようにするための重要な機能です。全機能のリストは、このコミュニティ・アップデートをご覧ください。今回、アップグレードの監査が完了したため、数週間後に予定されているSKALEネットワークのアップグレードのデモをお見せできることを大変嬉しく思います。

詳細については、以下のデモをご覧ください。

デモの主な内容:

  • SKALEネットワークは、低コストで高速なパフォーマンスを持つ多数のブロックチェーンで構成されています。
  • デモ1:SKALE Medium Chain
  • 1/32サイズのチェーンを実行する、クラウド上で分散された16のノード
  • 2ブロック/秒以上
  • 100件/秒以上のトランザクション処理能力
  • 100トランザクション/秒は1日あたり約850万トランザクション
  • 価格、分散性、パフォーマンスのバランス性に優れたMedium Chain

SKALE Medium Chain

  • Demo 2: SKALE Large Chain (for power hungry applications)
    デモ2:SKALE Large Chain (電力を必要とするアプリケーション用)
  • SKALE consensys running on 16 very powerful machines, pushing performance limits (Showing what a typical credit card processor needs)
    SKALEコンセンサスは、16台の非常に高性能なマシン上で動作し、パフォーマンスの限界に挑戦しています(一般的なクレジットカード・プロセッサーに必要な性能を示しています)。
  • Over 1600 transactions/second in a stable state
    安定した1,600トランザクション/秒以上の処理能力
  • Blocktimes only increased to around 4 seconds even with 16X the transactions of the medium chain
    Medium Chainの16倍のトランザクション処理した場合でも、ブロックタイムの差は約4秒
SKALE Large Chain

SKALEイノベータープログラムは135チームに増え、最近開催された「Dapp and Partner use case marathon」では19件以上の発表があり、SKALEの勢いはとどまるところを知りません。また、新しい取引所(Coinbase、CoinbasePro、CoinList、Crypto.com)によって、トークンの保有者を増やし、20億ドル以上の価値がネットワークにステークされていることで、より分散化が進んでいます。これに加えて、46のユニークなバリデーター組織によって運営されている153のノードからなるSKALEネットワークは、設立から6ヶ月が経過し、SKALEのビジョンを実現していることがわかります。もちろん、これはSKALEネットワークの真の所有者であるコミュニティからの素晴らしいサポートに及びません。

本日のプレゼンター

Jack氏 - 共同設立者

Stan氏 - 共同創業者

Serge氏 - コアチーム・エンジニアング・リード

Alex氏 - コアチーム・ソフトウェア・エンジニア

最新の情報を入手していない場合は、SKALEとEthereumが相互の価値獲得の相乗効果を生み出すことができる理由について、最近のブログ記事を参照してください。また、このページは、SKLトークンの詳細を知るのに非常に役に立ちます。

参照先:https://skale.network/blog/skale-network-upgrade-demo/