最近のSKALEポッドキャストやインタビュー、詳細な技術分析をお聞きになっている方は、NFTがSKALEエコシステムの中で最も急速に成長しているカテゴリーであることをよくご存知だと思います。SKALEネットワークは、チェーン上で直接NFTを安全に管理することができる特殊な特性を持っています。私の言う「チェーン上で直接」というのは、他の場所で保有している画像にリンクするコントラクトのことではありません。つまり、ファイル画像や動画は、直接ブロックチェーン上で安全に管理されていることを意味します。Ethereumエコシステムの中で、オンチェーンでファイルを直接管理できる唯一のブロックチェーンであるSKALEにとって、このネイティブなストレージ・アプローチは大きな利点があります。また、SKALE上で生成されたNFTは、ガスコストゼロで作成することができます。文字通り、開発者やエンドユーザーの追加コストはゼロです。

SKALEのマルチチェーン・ネットワークにより、ブランド、アーティスト、ビルダーは、あらゆるカテゴリーのNFTを生成、取引、管理することができます。また、シームレスで安全なチェーン間メッセージングとAI機能を備えたストレージのガスレス環境を提供します。これらの機能により、NFTを利用したベンチャー企業は、ガスレス生成やETHチェーン上での高速で安全な取引を実現することができる、拡張性の高いNFTプロジェクト/プラットフォームを構築することができます。

これらの技術的な価値提案と、セキュリティのためにSKALEネットワーク上にステークされている10億ドル以上の価値により、ゲーム、エンターテイメント、ソーシャルメディア、アート、スポーツなどの世界的なトップブランドの多くが、Ethereumと連携するプラットフォーム・パートナーとしてSKALEを選択しています。これらのパートナーシップについては、パートナー企業の発表スケジュールや秘密保持契約に基づいて、順次発表していきます。それまでの間、SKALEネットワークがNFT市場に無限のスケーリングの可能性と価値をもたらすことを詳細に説明する一連のコンテンツを用意しています。

まずはじめに、様々なNFTのユースケースについて説明します。

コレクティブル(CryptoPunksからハリウッド映画の中のアイテムまで)

コレクティブルは、NFTにとっては自然なユースケースです。物理的な世界では、美術品、ヴィンテージアイテム、コレクターズカードは、そのユニークさ(絵画の場合)や、限られた供給量(高級品の場合やゲーム空間の場合)により価値を持ちます。

コレクティブルをデジタル化し、パブリックなメインネット上でトークン化することで、その独自性や希少性を維持(検証)できるだけでなく、デジタル化やトークン化によって、新たな力や能力を蓄積することが可能になります。

トークン化されたアイテムは、検索可能な分散型台帳の中に存在するため、より目につきやすく、取引可能です。証跡はより簡単に維持および証明されます。これらの属性はすべて、ブロックチェーン上のカードゲームを非常に魅力的なものにしています。

CryptoPunksとEtherRocksは、NFTのコレクターアイテムとして広く人気を集めており、オークションやNFTマーケットプレイスで目を見張るような価格に到達しています。また、Damien Hirst氏やEminem氏などの著名なアーティストもこの分野に参入しています。Hirst氏は、10,000個のNFTコレクションを10,000個の物理的なアートワークに対応させた「The Currency」プロジェクトを展開しています。

Eminem氏の「Shady Con」NFTは、Eminem氏をテーマにしたコミックブックやアクションフィギュア、オリジナル楽曲などを集めたものです。これらはデジタルアートのトークンという比較的シンプルなものですが、ユニバーサルアクセス、グローバルな流動性、所有権の完全性といった、NFTを利用したコレクティブルアイテムの基本的な特性を示しています。

また、このようなコレクタブル形態は今後も拡大していくと思われますが、現実世界のイベントへのアクセス、追加のトークン獲得機会、進化するアートや変異するアート、またはWeb3テクノロジーの他の適応的な使用を含む、デジタルアートの革新的なアプローチが加わり、強化されていく可能性があります。

https://twitter.com/StartupStoriez/status/1432720565635330050‌‌

ファン・エンゲージメント

また、NFTは、継続的なインタラクティブ体験として、ファンのエンゲージメントを促進する素晴らしいツールでもあります。これは、NFTの中ではあまり知られていないカテゴリーですが、すぐに世界中で利用されるようになるでしょう。

不変の特性と機能を持つメンバーシップカードを想像してみてください。このメンバーシップカードがあれば、特別な商品、特別なイベントへの参加、お気に入りのスポーツチームやミュージシャン、有名人のブランドなどへのインサイダーアクセスが可能になります。また、イベントに参加できるだけでなく、これらの団体や個人が提供するデジタルグッズを購入するための最前列に並ぶこともできます。

プロスポーツチームのユースケースを掘り下げてみましょう。近い将来、あなたのお気に入りのスポーツチームは、メンバーシップカードを発行することになるでしょう。このメンバーシップカードは、それ自体が特別な機能を備えた高価値のコレクティブルアート画像です。このカードを所有することで、チームの限定サイン入りグッズを購入することができたり、前売りスペシャルアクセスチケットを購入することができたり、インサイダーイベントでチームに会える特別なアクセス権が得られます。近い将来、この限定メンバーシップカードを手にすることで、チームの一員になることができるかもしれません。

なぜブロックチェーンとNFTなのか?その理由としては、そのカードは本当にあなたのものであり、オンチェーン・メカニズムによって供給が限定されていることを証明することができます。異なるレベルや階層は、スマートコンタクトのロジックに簡単に組み込むことができます。また、所有権は譲渡可能です。ファンが異なるレベルへのアップまたはダウンに取引可能なマーケットプレイスにシームレスに統合することができます。

なぜ、それが今実現していないのでしょうか?NFTの生成にはコストが発生します。所有権に関連する権利の複雑な計算を加えると、ガスコストの面で膨大なコストが発生することになります。1つのスポーツシーズンに必要な機能を実行するためには、数千ドルのガスコストが必要になります。SKALEは、NFTの価値を最大限に引き出すための複雑なスマートコントラクトを、ガスコストゼロの環境で実行することができます。

音楽&アートメディア権

音楽やアートメディアの権利は、ブローカーが所有するMLSリストから一般に公開されたオンラインディレクトリへの移行により、世界中のどこからでもホームショッピングが可能になったのと同じように、大規模な革命を経験することになるでしょう。

音楽やその他のメディアの著作権は、ほとんどが私的で閉鎖的な世界です。このような仕組みは、トップの音楽アーティストには有効かもしれませんが、一部の人を除いてはすぐに破綻してしまいます。さらに、グローバルな権利や、写真、ビデオ、グラフィックなどの他のメディア形態、そしてこれらのメディア形態に関連するすべての二次的著作物を加えると、デジタル著作権管理の問題は、手を挙げて立ち去るのに十分なものとなります。

そこでNFTの登場です。NFTを介して所有権が付与されると、グローバルな権利管理がはるかに容易になり、はるかにエキサイティングになります。所有権を迅速に決定し、検証することができます。普遍的なマーケットプレイスを開発することができます。プールされた所有権を手配し、ロイヤリティの支払いを大幅に簡素化することができます。

例えば、分散型のストリーミングサービスでは、カタログに掲載されている楽曲のすべての再生回数を追跡し、権利者への支払いを透過的に行うことができます。つまり、1つまたは複数の権利者のアカウントに直接支払いをすることができます。再生回数やその他のアプリの動作をオンチェーンで記録することができるため、監査においてはチェーンの記録を監査することになるため、ロイヤリティの支払いを歪めることが困難となります。

SKALEネットワークは、ガスレスのトランザクションモデル、ノードベースのストレージ機能、マルチチェーンベースのアプローチ、NFT規格のサポートなど、メディア・ストリーミングサービスやデジタル著作権管理に適した機能を有しています。ストリーミングサービスはトラフィックが多いため、Web3ベースのソリューションには、高スループット、低コストのトランザクション、高度な分散化、ERC(Ethereum技術提案)との互換性が求められますが、SKALEはこれらすべての特性を有しています。

1990年代にウェブサイトが複雑だったように、NFTを使用したソリューションは複雑に聞こえるかもしれません。しかし、NFTを利用したデジタルメディアの権利化は、非常に論理的であり、「暗号資産やNFTが登場する前はどのように管理していたのか」と振り返られるようになるでしょう。

ゲーミング

オンラインゲームは、バーチャルグッズの概念を最初に定義したゲームであり、NFTに適しているといえます。ほぼ最初から、バーチャルグッズは、武器、鍵、コイン、特別な力、スキン、またはゲームプレイを向上させるその他のゲーム要素の形として、ゲームプレイに不可欠なものとなっていました。バーチャルグッズを購入、取引、獲得、またはその他の方法で入手するためのマーケットプレイスは、すべてのゲームに不可欠な要素となりました。

クリプト業界におけるバーチャルグッズのコンセプトは、これらのグッズがNFTのユニークな特性を活用してバーチャルグッズのメタユニバースを作ることができるという点を除いては、非常によく似ています。現在のWeb2ゲームのバーチャルグッズには、独自性や不変性など多くの要素がありますが、標準化されたプロトコル、相互運用性、追跡可能性、プログラマビリティ、共通のデジタル通貨システムなどを加えると、可能性は10倍に広がります。

ゲーム内のアセットを識別する標準的な方法と共通のマーケットプレイスがあれば、市場は拡大し、ゲームメーカーがアセットのフェデレーション(ユーザ認証連携)やプログラマビリティを認めれば、現在のバーチャルグッズはATARIのポン(70年代に流行ったゲーム)

のようになるでしょう。バーチャルグッズやパワーを同じユニバース内のゲーム間で使用できるようにしたり、NFTのプログラム性を利用して、パワーを追加・削減したり、NFT上のパワーをあらゆる状況に応じて変化させたりすることで、ゲームプレイに新たな可能性が生まれます。

Web3の最初のプリミティブであるデジタル通貨は、新しい経済モデルや収入源を実現します。プレイ・トゥ・アーンもその1つです(プレイ・トゥ・アーンとは、プレイヤーがプレイすることでゲーム内のリアルマネーやその他の報酬を得ることができるゲームモデルです)。SKALE IMAブリッジは、EthereumメインネットとSKALEチェーンとの間にシームレスで安全なブリッジを提供し、Ethereumエコシステム内でのアセットの移動を容易にします。

次の主要なゲームモデルはプレイ・トゥ・アーンであり、ゲーム内デジタルアイテムのオープンマーケットであると考えています; たいていのゲーム内アセットは流動性が低く、私にとっては正気の沙汰ではありません。これは長期的にはブロックチェーンとNFTによってすべてが変わります。そして、それは自明なことです。

メタバース

メタバース(またはメタワールド)は、クリプト業界において最も急速に成長しているカテゴリーの1つです。NFTは、不動産や建物、看板、乗り物、その他のゲーム要素など、これらの世界のあらゆるものを支えるために広く使用されています。メタバースは、NFTを積極的かつ革新的に使用しているため、登録から購入、譲渡、借地権、配当金の支払いなど、財産権のあらゆる側面をNFTとWeb3がどのように形成するかを示す重要な指標となっています。NFTを利用した仮想世界で導入されたコンセプトや契約は、規制が許せば現実世界にも導入されることになるでしょう。

NFTを使用して所有権を管理することは、所有権の履歴がオンチェーンで記録されるため、財産管理を簡素化するという点で論理的です。共通ID(スマートコントラクト)を中心とした標準化により、財産権と財産管理が統一され、変革が起きます。自動車業界のVIN番号を見てみると、共通IDがメーカー、ディーラー、修理などの業界全体のデータ管理とトラッキングを統一していることがわかります。

標準化と自動処理を組み合わせることで、仮想世界に新たな広がりが生まれます。NFTやスマートコントラクトを利用することで、プールされた商品を購入したり、配当金を支払う仕組みを作ることができます。例えば、支払いを賃借人の口座に直接振り込むことができます。また、クリプトベースのゲームと同様に、仮想世界をオープンにして他の世界と活動を連携させることで、世界を超えた交流が可能になります。

2021: NFTアート. 2022:NFTにおけるメタバースの財産権

イベントチケッティング & 体験

イベントチケットにNFTを使用することは、購入と償還のプロセスを標準化および簡素化する方法として、額面通りにも意味があります(チケットはデジタルウォレットに入れて、モバイルで所有権を表示または署名をします)。また、偽造を減らす簡単な方法としても役立ちます(「これは有効なチケットで、この人はそれを売る権限があるのかについて、確認することができます」)。 この2つの側面から、わかりやすいメリットと実績をもたらしています。

NFTの可能性を広げることで、このソリューションは、単純な最適化や不正防止だけでなく、より高度な体験やカスタマイズの可能性を秘めています。イベントのトレーサビリティーにより、イベントプロデューサーやスポンサーは、イベント前、イベント中、イベント後の参加者とのつながりを維持することができます。参加者に特別なオファーを出したい場合、イベントチケットを提示するだけで問題ありません。頻繁にイベントに参加する人には、ロイヤリティポイントや特典を提供することも可能です。また、早期購入者への特典、一部返金、紹介者に対するコミッションなども可能です。

NFTを利用したチケットのトレーサビリティー、プログラマブル、標準化により、イベントは空間と時間の中で発生する単一のものから、いくつもの新しい物語の中の潜在的なチャプターへと急速に変化します。参加者とアーティスト(あるいはイベントプロデューサーやイベントスポンサー)との関係は、1回のイベントを超えて、イベント後も継続させることができます。

例えば、イベントを運営する企業が、イベントの成功に応じた収益を得るために、参加者に事前に資金を提供してもらうクラウドソーシングを可能にするプロトコルを構築している場合を想定します。商品、飲食、チケット、メディアの権利、その他の収入源から利益が得られた場合、初期の参加者やスポンサーには、合意されたレートスケジュールに基づいて支払いが行われます。このモデルは、参加者がイベントに参加するだけでなく、イベントに人々を誘導し、イベントの成功を高めるというインセンティブがあります。このアプリは、NFTを利用したチケットとスマートコントラクトを使用して、パトロンが参加しているイベントを記録し、イベント終了時に参加報酬を支払うことができます。

メディア・ストリーミングサービスと同様に、NFTを利用したチケットサービスには、高いトラフィック需要に対応するために、低コスト生成、取引、管理コストを特徴とするスケーラブルなソリューションが必要です。上記のように、SKALEネットワークはこの分野にも適しています。SKALEネットワークは、高スループットのプルーフ・オブ・ステーク・コンセンサスモデルとガスフリーのトランザクションを特徴としており、Ethereumメインネットとの強固なセキュリティと運用連携により、Ethereumの高いセキュリティ特性をSKALEチェーンに提供しています。

従来のデジタル資産は、デジタルの世界において規格が統一されておりません。ゲームには、例えばイベントのチケット販売システムとは異なる、独自の閉鎖的な経済圏があります。ブロックチェーンを通じて、NFTの開発者は、すべてのNFTに関連する共通の規格を構築することができます。

他のNFTユースケース

ここでは、NFTの他の用途の例をご紹介します。これらのケースでは、標準化と相互運用性、透明性と取引可能性、不変性、プログラマビリティなど、NFTが持つ強力でユニークな利点の多くを利用することができます。

  • 認証と資格
  • ネームサービス - ドメイン
  • 商標と著作権
  • ラグジュアリー・グッズ
  • プロダクト・グッズ
  • コモディティ・グッズ
  • 輸送機
  • センサー
  • 不動産(建物、財産)
NFT空間に新たに参加される皆様へ、NFTは1つのものだけではなく、ゲームもNFT、本もNFT、車もNFT、ショーのチケットもNFT、タトゥーもNFT、不動産もNFTなどなど。

NFTとWeb3の未来は非常に明るいです。インターネット1.0やWeb2と同様に、初期のユースケースは、確立された方法が踏襲されます。初期のWebサイトは印刷された雑誌やニュースレターのようであり、初期のデジタルフォトアルバムはバインダーのメタファーを使用していました。しかし、NFTを利用したアプリケーションは、NFTが本来持っている機能を活用した新しいメタファーを使用して急速に進化していくでしょう。

SKALEネットワークは、NFTを利用したソリューションに適した設計となっています。SKALEのトランザクションモデルはコストゼロ/低コストであるため、NFTの生成、取引、管理にかかるコストはほとんど発生しません。SKALEの大容量マルチチェーンアプローチは、NFTマーケットプレイスやアプリの最も厳しいニーズに容易に対応することができます。また、ETHネイティブなアプローチにより、ETHベースのウォレット、規格、ツールのほとんどがSKALEで使用できるため、Ethereumの開発者は誰でも簡単にネットワークを利用することができます。最後に、Ethereumとのセキュリティおよび運用上の結びつきにより、Ethereumメインネットと同様のセキュリティが保証されています。

標準的なプロトコルとネイティブなプログラマビリティを利用して、バーチャルおよび物理的なグッズをユニークで識別可能な資産としてデジタル化することは、芸術、エンターテインメント、メディア、ビジネス、商業など、社会のあらゆる分野に変革をもたらします。CyptoPunksやEtherRocks、NFTを利用したメタバースの初歩的な性質を笑うのは楽しいことですが、そのシンプルな存在の中に、世界を進化させる革命の余地があるのです。

任意のNFTプロジェクトに対する言及は、Ethereum空間における一般的なNFについて説明するためです。ゲーム、エンターテインメント、ソーシャルメディア、アート、スポーツ、その他の分野における具体的なNFTパートナーシップについては、パートナーの発表スケジュールや契約内容に基づいて、順次発表していきます。