セキュリティ、分散性、転送速度、保存性、コスト効率、およびカスタマイズ性の最適な組み合わせ。

本日、SKALEネットワークは、SKALE IMAブリッジを発表し、セキュリティ、転送速度、管理の維持、コスト効率、カスタマイズが相反するものではないことを示しました。SKALE IMAブリッジは、BLS暗号化、Ethereumメインネットのスマートコントラクト、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)コンセンサスなどの独特なデザインを利用することで、これらの属性を実現しています。このブリッジにより、開発者やユーザーは、EthereumメインネットとSKALEチェーンの間で、デジタル資産を安全かつ経済的に振替することができます。また、これらのデジタル資産には、ETH、ERC20、ERC721、ERC1155トークンおよび一般的なメッセージング・データなどが含まれます。

SKALEネットワークは、安全なEthereumスケーラビリティ・ソリューションとして機能する拡張性の高いマルチチェーン・ブロックチェーン・ネットワークです。一般的なレイヤー1およびレイヤー2ネットワークとは異なり、SKALEアーキテクチャは、拡大を続ける一連のDApp固有のチェーンをサポートするように構築されています。Ethereumメインネットを使用して、多くの重要なネットワーク・オペレーションを管理および調整することで、ネットワーク全体のセキュリティと透明性を高めます。

ネットワークブリッジの概要について

ネットワーク・ブリッジとは、ネットワーク間におけるデジタルアセットの安全な転送を可能にするため、接続されたブロックチェーン・ソリューション間に不可欠なコンポーネントです。これらのブリッジは、アセットの転送エージェントとして機能します。しかし、実際のアセットを転送するのではなく、ロックボックスとプロキシプロバイダを組み合わせて、検証済みであるデジタル等価物の転送を行います。

ブリッジとは、ユーザーが任意のメッセージを別のチェーンに送信することにより、そのメッセージの内容が別のチェーンで機能できるようにするものであり、両チェーンでの二重支出や別の並行アクティビティのリスクはありません。このメッセージの受け渡しは、一方のチェーンではメッセージ内容(すなわちトークン)のロックまたはアンロックを、他方のチェーンでは合成資産のプロビジョニングすることを意味します。

ネットワーク・ブリッジには様々なアプローチがあります。これらの多くは、何らかの形で欠陥を抱えており、採用やユーザー体験に影響を与えています。ネットワーク・ブリッジの欠陥には以下のようなものがあります:

  • 転送終了までの時間が長すぎる - 数時間、数日、場合によっては1週間に及ぶ場合があります。
  • 柔軟性の欠落 - 大半がERC20トークンしかサポートしておらず、フォームに記入し、開発チームが希望のトークンタイプを承認するのを待たなければならない場合があります。
  • 保管リスク - 一部のL2では、そのネットワーク上で生成されたトークンの保管は、L1への移行後も所有者に残ることはありません(ブリッジ所有者が自身の名前でNFTを生成します)

また、複雑さ、潜在的に欠陥のあるセキュリティ・メカニズム、およびカスタマイズの欠如が加わり、未成熟なブリッジ技術の全体像が見えてきます。

SKALE IMAブリッジの仕組み

SKALE IMAブリッジは、このような現状を変えるために、シンプルで透明性が高く、非常に安全な方法で機能します。まず、トークン保有者はトークンやその他のデジタルアセットをEthereumからSKALEチェーン(またはSKALEチェーンからEthereum)に転送する意思を示します。SKALEチェーン上のバリデーターは、チェーン上で転送シグナルを確認し、善意であり真実であると検証された場合、Ethereumメインネット(逆の場合はSKALEネットワーク)上で転送が開始されます。そのアセットは、SKALEコントラクトを介して、Ethereumメインネット上に配置されている入金ボックスに保管されます。設定された数のブロック(10)がEthereumメインネット上で経過した後(トランザクションが完全に認識され、有効であることを保証するため)、転送リクエストがSKALE IMAエージェントと呼ばれるプロキシに送信され、SKALEノードネットワーク内で動作しているSKALEトークンマネージャーを呼び出し、対応するSKALEチェーン内でこの転送を処理します。

SKALEチェーンからEthereumへの逆方向の転送も同様に行われますが、SKALEからEthereumメインネットに転送する場合、トークンはSKALEチェーン上で焼却(バーン)され、メインネット上でアンロックされます。SKALEチェーンで生成されたトークンをEthereumに転送する場合、生成されたトークンの所有権を維持するために、転送の一部としてEthereum上で生成が行われます。

SKALE IMAブリッジのメリット

セキュリティ

ネットワーク・ブリッジを評価する際には、セキュリティを最も考慮する必要があります。SKALE IMAブリッジは、SKALEのEthereumネットワークとの連携、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)コンセンサスモデル、BLS暗号化の基盤を組み合わせて使用し、EthereumメインネットとSKALEチェーン間のアセット転送に対する安全かつ耐障害性のあるアプローチを提供します。入金ボックスコントラクトは、Ethereumメインネット上で実行され、メインネットに返却されるアセットを処理するコントラクトも同様に実行されます。

速度

転送速度は、ネットワーク間でアセットを転送する際のもう1つの重要な考慮事項です。転送の確認に長い時間がかかると、スケーリング・ソリューションを選択するメリットの多くが否定され、ブロックチェーン技術を使用することすらできません。Plasmaのようなブリッジでは、最大1~2週間のExit期間が存在します(他の当事者にExitを争う機会を与えることになります)。SKALE IMAブリッジは、PoSモデルとBLS閾値署名の使用により、迅速かつ効率的に動作します。この効率性により、転送は数分で完了します(Eth2以降の進化により、さらに短縮される可能性もあります)。

分散性

速度を追求すると、分散性が犠牲になることがよくあります。しかし、SKALE IMAブリッジではそのようなことはありません。SKALEネットワークでは、プルーフ・オブ・ステークモデルを採用しており、大規模なバリデーター・プールから無作為にバリデーター・ノードセットを抽出し、頻繁にローテーションさせることで、悪意のある行動に対するセキュリティ保護を強化しています。また、ABBAコンセンサスモデルとBLS暗号化の結合により、十分な数のノードが転送の真正性を確認する必要がありますが、ノードやネットワークの停止をある程度許容することができます。このアルゴリズムにより、耐障害性と安全性を兼ね備えた高度な分散型検証スキームを実現しています。

コスト効率

SKALEネットワークのプルーフ・オブ・ステークの性質とその経済モデル(チェーンはDApps、プロトコル、DAO、その他のエンティティによって支援されています)は、SKALEチェーン・トランザクションに関連するコストがほとんど発生しないことを意味しています。唯一コストが発生するのは、メインネットの運用です。これはSKALEチームによって可能な限り経済的になるように最適化されています(多くの場合、Uniswapトランザクションと同等です)。メインネットはEthereumとのブリッジをする際に避けて通れないものです。SKALEの場合、メインネットは可能な限り最小限に抑えられています。

保存性

SKALE IMAブリッジは、SKALEチェーン上で生成されたトークンがEthereumメインネット上で生成される際に、それをカストディで保管します。これは、多くのブリッジが実現できないことです。スケーラビリティ・ソリューションを使用する主な理由は、Ethereumメインネット上における高コストの生成オペレーションを避けることにあり、この機能はNFTベースのDAppsや、トークンを生成する可能性のある他のDAppにとって必須となります。カストディを持たないネットワーク・ブリッジを使用すると、そのネットワークからのすべてのExitに多大なカウンター・パーティリスクが発生します。SKALE IMAブリッジは、カストディにより、このリスクを排除します。

カスタマイズ性

SKALE IMAブリッチは、ETH、ERC20、ERC721、ERC1155の各トークン規格を完全にサポートしており、カスタムトークンをサポートする機能も組み込まれています。このサポートはチェーン毎に行われます。また、チェーンオーナーは、アセット管理の簡素化や不慮の事故に対する防御策として、トークンの転送を特定の種類に限定したい場合には、トークン規格や発行者別など、受け入れるトークンを決定することができます。また、SKALE IMAブリッチコントラクトにはフックが用意されており、チェーンオーナーがサポートしたい新しいトークンタイプやその他のデジタルアセットを指定することができます。

サマリー

私たちはSKALE IMAブリッジの仕事を誇りに思っており、今後のEtheteumベースのブリッジに使用されるモデルになると信じています。SKALE IMAブリッジのセキュリティは、Etheteumメインネットにしっかりと根ざしており、厳格なアルゴリズム・アプローチを採用しています。プルーフ・オブ・ステークモデルとBLS暗号の基盤は、Eth2の設計決定と多くの類似点があります。これに加えて、SKALEネットワーク・マルチチェーンの性質を利用して、カスタマイズ可能な各アプリ固有のトークンを受け入れポリシーを実現することで、柔軟で信頼性の高いアセット転送メカニズムを実現しています。

SKALE IMA Bridgeは未来への架け橋ではなく、今への架け橋なのです。