この計画は、今春、500万ドルのブロックチェーンゲームに特化した補助金立ち上げ計画を開始予定

ETHデンバー - 2022年2月17日 - 次世代のイーサリアム用マルチチェーンネットワークであるSKALEは、SKALE Networkへの高品質なアプリケーションやプロジェクトの講習会を急速に増やすことを目的に、1億米ドルの生態系報酬計画を発表しました。大規模な成長の可能性と市場の需要との整合性を考慮し、NODEは、ブロックチェーンゲーム、Play to Earn(遊んで稼ぐ・P2E)、メタバースに焦点を当てた開発者やプロジェクトに、500万ドル相当の報酬を支払い、この計画を開始する予定です。その名の通り、SKALE MPは、近日中に発表予定の業界の専門家の集まりである、選考委員会によって選ばれたP2Eゲームの開発者に、助成金を提供する予定です。MPは、一般的なゲーム用語であるマジックポイント/マナポイントに由来し、プレイヤー強化のために、呪文を唱えるのに必要な資源です。

この計画は、SKALE V2(通称SKALEverse)の発売に合わせて実施されます。SKALE V2は、高速ゲームモード、SKALEチェーン間転送、生態系SKALEハブ、NFTマーケットプレイスなど、ゲームに最適化した数々の機能を備えています。

ブロックチェーンベースのゲーム、特にP2Eは、前年比50倍という劇的な投資額を示し、2021年のVC投資額はなんと40億ドルでトップとなりました。しかも、2021年8月に初めて固有のアクティブウォレット(UAW)数でDeFIを抜くなど、ゲームが成長の大部分を牽引しているという明確な傾向が見られます。その傾向はその後も続き、2021年12月にはその差はさらに広がっています。2021年末には、ゲームがUAWの半分以上を占めるようになりました。

「SKALEは、ブロックチェーンゲームがユーザー体験を最適化するのを支援する、独自の立場にいます。 手数料ゼロかつガス代なしの取引、高速ファイナリティー、または、相互接続されたインタラクティブなブロックチェーンの、より大きな領域の一部であることを知ることで、開発者はブロックチェーンの、SKALEverseの一部になります」と、SKALE共同創設者のジャック・オホレランは言いました。

ブロックチェーンに統合されたゲームを構築している開発者で、助成金の申請に興味がある方は、こちらから申請書を提出してください。助成金の承認を受けるためには、受賞者は厳しい審査プロセスを経ることになります。受賞者は、SKALE Labsのコミュニケーションの一部として推され、また、発表の成功に向けてマーケティングサポートを受けることができます。

助成金計画は、様々な暗号通貨とフィアットによる助成金で構成され、SKALE DAOや、リヒテンシュタインの分散型経済ネットワーク子会社のNODE Anstalt、その他のSKALE支援団体が支援する予定です。資金は、SKALE Networkの強化・成長を目的とした様々な基準を満たすプロジェクトに、より大きな生態系ファンドとして配分される予定です。SKALEの生態系のプロセスに関する追加情報は、近日中に発表される予定です。3月の計画開始と同時に、資金配分、アドバイス、計画の新提案をサポートする分散型委員会が発表される予定です。

SKALEについて

SKALEは、NFT、DeFi、Web3を数十億のユーザーに提供するための、無制限で、安全で分散型の、高性能ブロックチェーンからなるイーサリアム用マルチチェーンネットワークです。SKALEの高度に設定可能なプラットフォームは、中央集権的な依存関係なしに実行される、拡張し続ける分散型アプリケーション(DApp)固有の、チェーンセットをサポートするために構築されました。さらに、SKALE独自のプール型セキュリティシステムとコンテナ型ノードアーキテクチャーにより、開発者はガス代や遅延のない高速でシームレスなユーザー体験を提供することができます。SKALEのオープンソースプラットフォームは、高速ブロックタイムと即時ファイナリティーによる迅速な同意を提供し、EVM互換性、オンチェーンNFTファイルストレージ、ロールアップ契約実行、ゼロコスト鋳造、ガス代なしの取引、機械学習のスマート契約機能などを備えています。

リヒテンシュタインに拠点を置く、Network of Decentralized Economics (N.O.D.E.) 財団は、SKALE Networkを支援する使命を遂行するために設立されました。SKALE Networkはオープンソースプロジェクトで、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くSKALE Labs, Inc.を含む多くの貢献者によって運営されています。SKALE Networkの支援者には、Arrington Capital、 Blockchange、ConsenSys Labs、Hashed、ハッシュキー、Floodgate、マルチコインキャピタル、リクルートホールディングス、Signia VP、そしてウィンクルボスキャピタルが含まれています。SKALE Networkは、01NODE、アンカー、Anonstake、Audit One、ブロックデーモン、Blockware、Chainflow、Chainode、Chorus One、Cypher Core、Dokia Capital、フィグメントネットワークス、FreshSkale、Hashed x DELIGHT、Hashquark、ステークト、 Stakin、Stake With Us、WolfEdge Capital、Staking Facilitiesなど世界トップの検証機関によりサポートされています。SKALE Networkは、バイナンス、コインベース、FTX、ジェミナイ、フォビ、オーケーエックスなど、世界の37の取引所/DEXに上場されているSKLトークンを利用しました。詳細については、

www.skale.network、Twitterの @SkaleNetwork 、telegramの @skaleofficial をご覧ください。