NFTブームは、私たちのギャップを越えてメインストリームの採用に至ったのです。しかし、現在市場の成長を脅かしている2つの非常に重要な問題があります。それは不変性と高額な手数料です。まず、これらの問題について簡単に説明し、次にSKALEがどのように役立つかについて説明します。

分散型不変性

NFTが希少資産に対するリンクやURLを指している場合、そのリンクは変更可能です。つまり、本質的には、不変ではないものを指し示す希少価値のあるコントラクトを購入していることになります。これは問題であり、単純にNFTの目指しているものではありません。

Neitherconfirm氏は、「NFTの価値に関する議論は、トークンがアートワークそのものと不可分でない限り、意味がありません。誰かがあなたの所有物を変更、再リンク、または破壊することができる場合、高度にセキュリティ保護されたネットワークで変更不可能なトークンを作成することの意味は何でしょうか?あなたが保有しているアートワークの価値が中央のサービスに依存している限り、あなたは何も所有していないのです」と述べています

この 「Rug Pull」 技術についての詳細はこちら:https://cointelegraph.com/news/opensea-collector-pulls-the-rug-on-nfts-to-highlight-arbitrary-value

高額な手数料

もう1つの問題は、Ethereumメインネット上でNFTを発行するには信じられないほど高いコストが発生します。この記事が掲載された時点(2021年4月)での価格は約700ドルだったものの、ETHの価格が高騰している中、上昇を続けています。 NFTのコストについては、こちらをご覧ください:https://www.supercryptonews.com/how-much-does-it-cost-to-mint-an-nft/

ソリューションとは?

SKALEは、現在のSKALEネットワークの設計とアーキテクチャの中で、唯一のEthereumネイティブ・マルチチェーン・ネットワークとして、独自の包括的なソリューションを直接提供します。SKALEはEthereumネイティブで、チェーンの作成、ステーキング、スラッシュ、トークン転送、オーケストレーション、バリデータの支払い、チェーン手数料などはすべてEthereum上で行われます。マルチチェーンとは、各アプリケーション(またはNFT発行プラットフォーム)が、SKALEチェーンと呼ばれる独自のEVMブロックチェーンを取得することを意味します。

マルチチェーン・アーキテクチャは、さまざまな理由から価値があります。1つは、ブロックチェーンを単なる共有台帳以外にも利用できるようになります。ファイルストレージなど他の機能にも使用でき、SKALEファイルストレージを装備したSKALEチェーンです。SKALEファイルストレージを使用すると、他の場所にリンクさせることなく、不変の資産をチェーン上で直接保存することができます。

これにより、NFT、ウェブサイト、ソーシャルメディア、取引所、その他のアプリケーションは、中央のデータベースに触れることなく、SKALE上で直接実行することができます。SKALE上でNFTを作成し、中央のサービスに依存することなく、その証明をすることができます。SKALE上のNFTは、現在20億ドル以上のステーキングがされているSKALEネットワークのセキュリティプールによってバックアップされます。

次に、発行コストについて説明します。SKALEチェーンはガス手数料が無料であるため、オンチェーン上で手数料は発生しません。チェーンの所有者は、使用毎に手数料を支払うのではなく、一定期間にわたってSKLトークンでチェーンの手数料を支払います。このSKALEチェーンは、追加コストなしで、コンピューティングとストレージの特性を最大限に活用することができます。したがって、NFTはアーティストまたはNFT作成者に対して、コストゼロで発行することができます。さらに、SKALEはNFTのマイニング、トレーディング、および取引所やトレーディング・ハブなどへの統合にも適しています。

NFTトークン規格への適合性

SKALE上で発行されたNFTは、Ethereum規格に準拠しています。ほとんどのNFTはERC-721規格またはERC-1155規格のいずれかを採用していますが、後者の規格の普及が進んでいます。ERC-721よりもはるかに柔軟性が高く、多くの性能特性が改善されています。ERC-1155は、1つのトランザクションで複数のトークンIDの一括転送をサポートし、1つのスマートコントラクト内で複数のトークンタイプを可能にし、すべてのメタデータ(トークン名、説明など)のローカライズをサポートします。また、ERC-1155は、生成、焼却、転送、承認、メタデータの変更などの標準化されたイベントを含む、より広範囲のイベントログを作成します。このような豊富なデータは、より優れた分析を可能にし、トークンのダイナミクスをよりオープンで透明性のある形でイントロスペクションすることができます。

その他のSKALE NFTパートナーシップ

SKALEはNFTのマイニングとファイルストレージへのアクセスをサポートすることができるため、Rarible、OpenSea、NFT Gatewayなどの市場に接続することができる。これにより、SKALE上のNFTはマーケットプレイス間で相互作用することができます。

また、SKALEはFileCoinやPinataなどの他のプラットフォームで作成されたNFTをIPFS経由で安全に保管するためのブロックチェーンレイヤーとしてのみ機能します。また、Arweaveなどの非IPFS permaStorageソリューションに接続することもできます。このソリューションでは、SKALEスマートコントラクトが永続的で安全性の高いArweaveブロックチェーン上のメタデータに接続します。

SKALEは、BondlyのようなNFTの強力な組織にも選ばれているプラットフォームです。さらに、成長するNFT市場にさらなる価値をもたらす強力なパートナーシップも形成されつつあります。

結論として

NFTの市場は好調なスタートを切っています。 私たちはまだ初期段階を見ているに過ぎません。この分野はまだはじまったばかりのため、NFTがコレクター以外のユースケースでさらに成長することに期待しています。しかし、他の高成長カテゴリーと同様に、その過程にはいくつかのハードルや課題があります。SKALEネットワークは、このエキサイティングな空間の成長をサポートし、アーティスト、コンテンツクリエーター、クリエイティブな人々が、資産をブロックチェーンから切り離すことなく、代替不可能な価値を世界にもたらすことを可能にすることに興奮しています。

参照先:https://skale.network/blog/removing-the-weak-link-from-nft-links-with-skale/