SKL IS LISTED ON BINANCE, HUOBI, UNISWAP LEARN MORE HERE

コンテナ化と分散型インフラの未来(パート2/2)

コンテナ化と分散型インフラの未来(パート2/2)

新しい弾性サイドチェーンは、ネットワークへのAPIコールを介してSKALEネットワークに作成され、チェーンのサイズと様々なプロビジョニングオプションを指定し、ネットワークリソースのプロビジョニングを可能にするSKALEトークンのデポジットを提供します。各サイドチェーンには、デフォルトで16個のノードがあります。

  • Chadwick Strange
    Chadwick Strange
  • Chadwick Strange
    VP of Product
3、2、1、ついに始動!SKALEがメインネットにローンチされました

3、2、1、ついに始動!SKALEがメインネットにローンチされました

本日は、SKALEがメインネットにローンチされたことをお知らせします。約2年半のハードワークを経て、ネットワークとスマートコントラクト、そして最初のノードセットが正常に動き始めました!我々は多くのコントラクトをアップグレードするために、より多くのノードがネットワークに参加することを楽しみにしています。 素晴らしいチームとコミュニティ、そして多くのサポーターがいなければ、我々はここまで来ることはできませんでした。

  • Jack O'Holleran
    Jack O'Holleran
  • Jack O'Holleran
    Co-Founder/CEO
ウォールド・ガーデンの死

ウォールド・ガーデンの死

インターネットの台頭に伴い、人々はお金の使用方法やビジネス相手について信じられないほどの選択肢を与えられるようになりました。この事実を踏まえて、企業はユーザーデータを捉え、彼らが競合他社に流れることをほぼ不可能にする独自システムを作り上げることで対応しました。 企業は、提供するものの相対的品質の良し悪しにかかわらず、ユーザーが継続してお金を落とす(もしくは自身のデータを売り渡す)ようにユーザーのサービスへの囲い込みに焦点を当てているため、

  • Jack O'Holleran
    Jack O'Holleran
  • Jack O'Holleran
    Co-Founder/CEO
モノリシック vs マルチチェーン - なぜ適切なDappアーキテクチャが重要か?

モノリシック vs マルチチェーン - なぜ適切なDappアーキテクチャが重要か?

この記事は、「分散化について考察する(Thinking Decentralized)」と題したシリーズからの一編です。この例では、メインネット内のトランザクションのみ、もしくはメインネットに接続する単一のサイドチェーンの使用のみに基づく、モノリシックアプリケーション構造を作成しない方が良い理由についてご紹介します。それに代わり、

  • Christine Perry
    Christine Perry
  • Christine Perry
    VP Solutions Engineering
SKALEネットワーク:安全なスケーリングのためにランダム性、循環性、インセンティブが重要となる理由(パート 2/2)

SKALEネットワーク:安全なスケーリングのためにランダム性、循環性、インセンティブが重要となる理由(パート 2/2)

この投稿は、安全なスケーリングにとってランダム性、循環性、インセンティブが重要である理由ついて解説する、2部構成のシリーズの2番目の記事となります。最初の部分はこちらからご覧いただけます。 検証ノードの役割SKALEネットワーク内にあるバリデータのノードコアは、サイドチェーンやサブチェーンの検証に関する自己組織化に加え、ネットワークの調整において主要な役割を担います。各ノードは、

  • Jack O'Holleran
    Jack O'Holleran
  • Jack O'Holleran
    Co-Founder/CEO
SKALEネットワーク:安全なスケーリングのためにランダム性、循環性、インセンティブが重要となる理由(パート 1/2)

SKALEネットワーク:安全なスケーリングのためにランダム性、循環性、インセンティブが重要となる理由(パート 1/2)

SKALEネットワークとそれが重要である理由 SKALEはイーサリアム上にインフラストラクチャのレイヤを構築し、開発者が迅速により良いパフォーマンスのプロジェクトを構築することを可能にします。私たちはそれを、イーサリアムパブリックメインネットと接続している、何千もの独立したブロックチェーン、サイドチェーン、ストレージチェーン、その他のタイプのサブチェーンからなる、弾性ブロックチェーンネットワークを構築することで実現しました。

  • Jack O'Holleran
    Jack O'Holleran
  • Jack O'Holleran
    Co-Founder/CEO