STAKE $SKL ON CONSENSYS ACTIVATE PLATFORM. STEP-BY-STEP GUIDE HERE

コンテナ化と分散型インフラの未来(パート2/2)

コンテナ化と分散型インフラの未来(パート2/2)

新しい弾性サイドチェーンは、ネットワークへのAPIコールを介してSKALEネットワークに作成され、チェーンのサイズと様々なプロビジョニングオプションを指定し、ネットワークリソースのプロビジョニングを可能にするSKALEトークンのデポジットを提供します。各サイドチェーンには、デフォルトで16個のノードがあります。

  • Chadwick Strange
    Chadwick Strange
  • Chadwick Strange
    VP of Product
컨테이너화와 탈중앙화 인프라의 미래(2부)

컨테이너화와 탈중앙화 인프라의 미래(2부)

검증인 노드는 노드 코어와 최대 128개의 가상화된 서브노드로 이루어집니다. 각 서브노드는 Docker 컨테이너이죠. 신규 탄력적 사이드체인은 네트워크에 대한 API 호출을 통해 생성됩니다. 이 호출은 각 체인의 사이즈와 SKALE 토큰 예치를 통해 네트워크 리소스를 설정할 수 있는 다양한 옵션을 구체적으로 정합니다.

  • Chadwick Strange
    Chadwick Strange
  • Chadwick Strange
    VP of Product
分散型ネットワークのセキュリティ保護に最適なアプローチ

分散型ネットワークのセキュリティ保護に最適なアプローチ

先月、Cosmosネットワークは「重大なセキュリティ上の脆弱性」に悩まされました。これはハッカーが、ネットワーク内で悪意ある行動を防ぐために設計されたスラッシングメカニズムを回避することを可能にするものです。その後数日のうちに、Cosmosチームはパッチを発行し、バリデータにノードをアップグレードするための24時間の猶予期間を与えました。多くのバリデータ

  • Chadwick Strange
    Chadwick Strange
  • Chadwick Strange
    VP of Product